女性のみの職場の嫉妬

4月 16th, 2014

職場での人間関係に悩む人は多いと思いますが、社員が女性のみの職場の場合、嫉妬が原因で人間関係が悪化することが少なくありません。
女性は、自分に足りないものを持っている相手に嫉妬心を抱くことが多く、特に結婚・子育てをしながら昇進をした女性や、外見が美しい女性などは、嫉妬の対象にされやすい傾向にあります。
陰で悪く言われるなど、嫉妬の対象にされてしまった場合、派閥関係を避けるなど、他の社員と距離をおくことが大切になります。
特に看護師の職場は人間関係が難しく、それが原因で転職をされる方も多いのです。看護師の転職は人間関係が重要なファクターなのです。

家で体を動かして前向きに

4月 16th, 2014

休日に、ジョギング・ゴルフ・ヨガなど、スポーツを楽しむ人は多いと思います。
スポーツには、筋力の低下を防ぐだけでなく、気持ちを前向きにさせる効果もありますが、体を動かすことが苦手な人には、家で行える簡単なストレッチがおすすめです。
その場で足踏みをするだけでも全身運動になりますが、筋力をつけたい場合は、床に膝をつけた状態で行う腕立て伏せや、スクワットなどが効果的です。
最初から多く行うのではなく、5~10回を目標に、毎日続けることが大切です。
ただし、間違った方法でのストレッチは体を痛める原因となってしまうため、初心者向けの本やDVDを見ながら行うと安全です。
家でのストレッチは、天候を気にせずに体を動かせる点も魅力です。

とげとげしいイバラガニをお試しあれ

11月 23rd, 2013

贈り物にもできるかにというと種類が限られてきますが、自分で食べてみたいかにならば、自分次第でどんなものでも注文することができます。
これまでタラバガニやズワイガニ、毛蟹などメジャーなところはほとんど攻めてきたという方にとっては、水揚げ量が少ないかに、あるいはそれほど注目されていない隠れた名品に目が向くかもしれません。
そのような方には「イバラガニ」をおすすめします。
イバラガニはとにかくとげが多いことで有名なタラバガニよりもとげがあります。
まさにその名のとおりです。
海の中でもより深いところに生息しているため水揚げ量が少なく、幻のかにといってもいいほどでしょう。
他のメジャーなかにとその食感などを比べてみるという意味でも、このような希少性の高いかににも注目してください。

独創的な頭脳を持った人材を作るには?

9月 3rd, 2012

以前の日本の教育は暗記重視の知識詰め込み型でした。
ただ、これだと応用がききません。
そこで、詰め込み型を少し是正して自ら考えさせる教育を目指しました。
それが成功したかどうかというと、はなはだ覚束ないと言わざるをえません。
しかし、これからの教育は右へ習え型ではなく、独創的な頭脳を持った人材の養成が必要になります。
ですから、応用力の養成がますます必須の課題になりつつあります。
では応用力をつけるにはどうすればよいのでしょうか?
応用力にはその源となる豊富な経験が必要です。
今の若い人にはそうした経験が不足しているように思います。
インターネットを中心としたバーチャルな経験が増えたかわりに、リアルな実体験が減ってしまっているように思います。
これからはリアルな体験を増やすこと。
これが独創的な人材を創る鍵となるはずです。

基本のスキンケア

2月 17th, 2012

スキンケアというと女性だけのものと思われがちですが、そうではありません。
男性にも、そして子供にも、年齢や環境、スキンタイプに合ったケアは必要です。
乾燥、紫外線、アレルギーなど肌には年間を通して刺激になる条件はたくさんあります。
きれいになるため、という美容的なケアも大切ですが、それ以前に健康な肌を保つために性別、年齢、季節に関係なく基本のケアは必要です。
基本のベーシックなケアをきちんと続けるだけでも、ニキビやシミ、皮膚炎を予防することができます。
そういう意味でも基本的なお手入れの習慣をつけましょう。
清潔にする洗顔、保護と保湿にローションや乳液やクリームなどです。
ケアといっても難しいものではありません。
トラブル予防のために、ぜひ習慣にしたいものです。

乾燥肌に注意

1月 3rd, 2012

肌の性質は人それぞれ違いがあります。
また、季節などの時期によっても影響を受けがちです。
毛周期などもそうで脱毛した後の肌ケアはかなり重要になります。
特に寒い時期になると肌の乾燥を訴える人が出てきます。
肌も乾燥がすすめばかゆみを伴ったりします。
こうした乾燥肌の原因はいくつかあります。
一番の原因はその人自身の肌の性質です。
一般的には脂性肌、普通肌、乾燥肌などと分類されていたりします。
また、清潔志向がアダになる場合もあります。
それは身体の洗いすぎ、洗顔のしすぎです。
これは注意しないといけませんよね。
その他にも栄養バランス、加齢、ストレスなどいろんな原因があります。
こうした原因の中で除去できるものは取り除いて、保湿を心がけるだけでかなり状況は変わります。
潤いのある肌は魅力を増すとともに、アンチエイジングにも有効です。

時間を大切に!

1月 1st, 2012

同じ1時間でも長く感じたり、短く感じたりすることがあります。
仕事や遊びに熱中しているときは時間があっという間に経ちます。
以前の職場でキャノン プリンターインクで出力しているといつの間にか業務が終了しているという事がありました。
一方、することがなくて退屈な時は時間がなかなか経ちません。
そんな経験ありませんか?
こうした時間の経ち方の感覚の違いは年代によっても変わります。
多くの人が言うのは子供の時や若い時には1年が長かったということです。
それが、年を取るに従って1年があっという間に過ぎると言います。
もちろん客観的な時間の長さとしては同じであっても感覚的にはこのように感じる人が多いと思います。
淡々と日々の生活を送っていると年月はものすごいスピードで過ぎ去ってしまいます。
年を取ってから「あれをしておけば良かった」「これをしておくべきだった」ということがないように、後悔しない人生を送りたいですね

意外とみられている場所

12月 28th, 2011

会社に行く前に姿見に立って立ち姿をチェックしている女性は多いでしょう。
しかし、後ろ姿までチェックしているかというとそうでもないようです。
特に会社主催のパーティなどでドレスを着た時に背中にきびが目立ってしまい痛い経験をしてしまう方は多いのです。
背中は、体の後ろ側ですが別に覆いがあるわけではないので、意外とみられているものです。
ビジネスに厳しい人は背中の姿までキッチリと見ています。
判断材料が沢山ある場合はともかく見かけや身なりでしかビジネスの初期は判断材料がないので、
後ろ姿を気にして気にしすぎるこという事はないのです。

転職と人間関係

12月 23rd, 2011

人生の中で何度か大きな決断をしなければならない場面があります。
就職というのもそうですが、仕事をやめるという決断もそうです。
これは人生の転機になったりしますよね。
人間関係がストレスになる場合、自分にご褒美を与えるのも大切。

仕事をやめるともちろん収入がなくなるわけです。
家族を養う立場の人なら簡単にやめるわけにはいきません。
また仕事がないと社会的信用など収入以外の面でも多くの不利益があったりします。
ですから仕事はやめないでいいものならそれにこしたことはありません。
それでもどうしてもやめざるを得ない事情が出てくることがあります。
その多くは人間関係のトラブルに起因しています。
人間関係のトラブルは簡単には解決しないことが多いため大変です。
でも退職という究極の選択に行き着く前になんとかしたいですよね。

転職のおきて

12月 18th, 2011

みずからのキャリアをアップするために転職する人が増えています。
今までの職場に恋恋と固執するのではなく、新たな職場で自分のスキルを
十全に活かそうというのです。
特に転職がさかんなのが看護師で給料面でも現状恵まれていない方が多いせいか
募集に多数の応募があるという現象が起きています。
一つの好条件の職場に応募が集まる傾向があるので二、三番手くらいの人があまり集まっていない
職場へアプローチしてみるのも転職に成功するコツの一つです。
転職は、必ずしも成功するとは限りませんが、今よりはましになるならOKというスタンスで臨めば
失敗はまずないのではないでしょう。

ボーナスシーズン

12月 13th, 2011

さて12月にもなるとボーナスシーズンです。
私の友人もブーツや自分の好きなゲームなど
買いこんでほくほくしている人がいます。
自分自身へのご褒美をあげると、次につながります。
つまり、次もまた頑張る気持ちになれるのです。
仕事のモチベーションを保つのは簡単なようで難しいものです。
いっとき瞬間的にモチベーションが上がるのではだめで、
継続的に長く保つ必要がありますから、こういったボーナス時期は、
すこし奮発して自分をいたわってあげるのも重要なのです。

ダイエットの秘密兵器は

12月 7th, 2011

美容のため、あるいは健康のため、ダイエットをしている人はたくさんいます。

そのうち一体どれぐらいの人が成功しているんでしょうね。
まあ半分以下になるのは確実だと思います。
また、成功した人のなかで、その後、リバウンドせずに体型を維持している人はさらにグッと少なくなるはずです。
それを考えるとダイエットというのは本当に難しいものだとわかりますよね。
では、なんでそうなるかというとダイエット成功の最後の決め手は本人の意志だからです。
いくら効果的なダイエット用の器具やサプリなどがあっても、それを使う人間が上手く活用できなければダメなわけです。
つまり、ダイエット成功の秘密兵器は本人の意志にあると言えるでしょうね。

冬太り対策

11月 25th, 2011

夏やせという言葉がありますが、それと反対に冬は太りがちです。
季節のいいときはスポーツをしている人でも、冬はやめたりします。

全体において、活動も停滞しがちになります。
なかには寒いのでコタツにもぐりこんで動かない人もいるかもしれません。
また、季節がら暖かいものが美味い季節なので、食欲だけは衰えません。
その結果、体重だけはどんどん増えていくことになります。
まあ、当然そうなりますよね。
健康維持には適正体重の維持が不可欠です。
そのためには食事と運動の自己管理が必要になります。
これって難しいようですが、慣れてみるとそうでもありません。
習慣性のものなので、意識的に運動をする習慣を作ってしまうのが一番だと思います。

免疫

11月 21st, 2011

ストレスが免疫力を弱めるといわれています。
本当にゆったりとリラックスすることが大事なんですね。

ストレスがたまった時はよくアロマオイルがよいとききます。
アロマディフューザーでお気に入りのエッセンシャルオイルを細かい水蒸気にまぜて部屋に満たせば、本当にリラックスできます。
乾燥が激しい冬場には特におすすめです。

ただ、オイルはなるべくオーガニックのものがよいでしょう。
少し高いですが、定評のあるメーカーのものがおすすめです。
ショップの店員さんに相談して、お気に入りのものが手に入るといいですね。
免疫力アップにつながるオイルがあるそうです。
風邪もひきにくくなるし、一石二鳥です。

職場での分煙

11月 21st, 2011

喫煙は、体内の活性酸素を増やし、ガンの原因になるといわれています。
本人がすわなくても、職場で喫煙する人がいれば、受動喫煙を余儀なくされてしまいます。
たばこは嗜好品で、喫煙者にとってはガンになるかもしれないけれど、吸いたいから吸っているというものです。
しかし、吸いたくもないのに吸わされている受動喫煙者にとってはたまったものではありません。
特に、日中ほとんどの時間を過ごす職場で、四六時中近くの人のたばこの煙を吸うことは、健康に悪いだけでなく、それだけでもストレスです。
健康増進法によって、施設管理者には受動喫煙防止の措置について努力義務が定められていますが、罰則がないためそれだけでは実効性がありません。

ただ、会社には、労働者に対する安全配慮義務がありますから、分煙をしなければならないと思います。

辛い方は泣き寝入りせず、まわりの人に相談して、会社に分煙等の配慮を申し入れてみるとよいでしょう。